美容情報と、美と健康中心の取り寄せレビューサイトです。体に優しい成分、素材を厳選しています。

きらりん.info

しみ・そばかす

実はそれ違うかも?本物の美白化粧品の選び方とは?

投稿日:

  

 

商品名が「美白を連想させる名前」だったり、
化粧品のパッケージが白いので「これは美白化粧品!」と思い違いしていませんか?

 

【美白ケアができそうなイメージの化粧品でも、
実は美白成分が含まれていないものがあるので、注意が必要です】

 

美白化粧品を選ぶためには、
必ず美白成分が入っているかどうかを確認しましょう

 

成分がわかりにくかったり、
どんなものを選んだらよいのかわからないといった場合は、
医薬部外品を選ぶのも一つの方法です。

 

医薬部外品とは、化粧品と医薬品の間のもので、
厚生労働省が有効性を認めた成分が、定められた量配合されています。
医薬品ほどの強さはなく、予防的に使われるものです。

 

美白用の医薬部外品であれば、必ず美白成分が配合されています。

医薬部外品は、※美白 ⇒「日焼けによるシミ ソバカスを防ぐ」
という効能を表示することが認められています。

 

ただし、化粧品よりも医薬部外品の方が実感するのかといえば、
そうとは限らず、化粧品でもきちんと美白成分を配合しているものもあります。

 

気になる化粧品があった場合は、美白成分が入っているのを確認しましょう。

では、具体的に美白成分はどういたものがあるのか?チェックしてみましょう。

 

美白成分はどんなものがあるのか?

主な美白成分

ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。
シミやニキビの炎症を抑え、シワなどのエイジングケアにも期待できる。

アルブチン
コケモモから抽出された成分。
メラニン色素に作用するチロシナーゼを抑える作用がある。

コウジ酸
みそやしょうゆなどコウジ菌由来の成分。
チロシナーゼを抑える作用がある。

エラグ酸
イチゴから抽出された成分で、チロシナーゼを抑える作用がある。

プラセンタエキス
馬や豚から抽出された成分。チロシナーゼを抑える作用がある。
エイジングケアの期待もできる。

ルシノール
モミの木に含まれる成分をヒントに作られた成分。チロシナーゼを抑える作用がある。
化学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」。

リノール酸
サフラワー(紅花)油などの植物油化から抽出。チロシナーゼを抑える作用がある。

カモミラET
ハーブのカモミールに含まれる成分。
抗炎症作用がある。

m-トラネキサム酸
抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、
美白成分として開発したもの。

ハイドロキノン
アメリカでは、「美白=ハイドロキノン」といわれるほど、ポピュラーな成分。チロシナーゼを抑える作用がある。

その他の美白成分
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・エナジーシグナルAMP
・マグノリグナン
・D-メラノ
・ドデノール
・TXC
・油溶性甘草エキス甘草

参考書籍:一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア事典 (基本の美容シリーズ)

 

美白化粧品を選ぶ際は、これらの美白成分が配合されているものを選びましょう。

ぜひ参考にされてくださいね。

 

 

人気ブログランキング

-しみ・そばかす
-

Copyright© きらりん.info , 2021 All Rights Reserved.