美容情報と、美と健康中心の取り寄せレビューサイトです。体に優しい成分、素材を厳選しています。

きらりん.info

敏感肌 日焼け・紫外線対策

敏感肌におすすめ日焼け止め5選!「ノンケミカル」以外にも選択肢が。

更新日:

 

近年、ノンケミカルや無添加、オーガニックといったものが注目されています。

敏感肌の方や、
「肌に優しい成分ものを使いたい」と意識の高い方が増えてきたことで、
「日焼け止めも、成分にこだわりたい」という方が増えてきました。

一般的にノンケミカルの化粧品は、肌にやさしいといわれているので、
「日焼け止めはノンケミカルで!」と考えている方は多いかと思います。

しかし、ノンケミカルの化粧品が必ずしも肌にやさしいのか?というと、実は

 

 [ノンケミカルの化粧品が肌にやさしいとは限らない]んです!

 

ノンケミカルの日焼け止めが、肌にやさしいとは限らない理由とは何なのか?

どのような日焼け止めを選ぶといいのか?
それはこれから説明していきますね。

 

そもそも「ノンケミカル」って何?

 

「 ケミカル」とは(化学物質・化学薬品)のことをいいます。

そうなると、「ノンケミカル」は(化学物質不使用)と考えがちですが、 

化粧品業界では「紫外線吸収剤」を使っていないものを「ノンケミカル」とよんでいます。

ですから、
「紫外線吸収剤」さえ使われていなければ、たとえ、
肌への刺激が強い成分が使われていても「ノンケミカル」といえるんですね。

 

「ノンケミカル」でも、肌の刺激となる成分が配合されていると、肌荒れの原因となってしまいます。

 

 

 要注意!肌の刺激となる成分

日焼け止めの成分で、
肌への刺激となるものは、
紫外線吸収剤だけではありません

 

強い防腐剤のパラベンや、
人工香料、人工着色料、アルコール、
石油系界面活性剤なども、

 

肌の刺激になることがあり、
敏感肌の人は、肌荒れを起こしやすくなります。

 

せっかく「肌にやさしい日焼け止めを!」とノンケミカルを選んでいても、

 

刺激の強い成分がたっぷり配合されていては
肌にやさしいとは言えないでしょう。

 

 そこで、
「肌にやさしい日焼け止め」を選ぶために、
購入前には以下の表示も注意してみましょう。

 

これらの表示が多ければ多いほど、 肌にやさしい日焼け止めと言えます

無香料
無着色
無鉱物油
アルコール不使用
防腐剤不使用
石油系界面活性剤不使用

 

 

 「紫外線吸収剤」使用でも、敏感肌対応のものが!

 

日焼け止めの成分には、
「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があり、

一般的に「紫外線散乱剤」の方が肌に優しいとされています。

しかし最近では、
「紫外線吸収剤」の中でも 敏感肌対応のものが出てきています。

それは、
「紫外線吸収剤」を肌への刺激が少ない
パウダーやカプセルなどでコーティングし、

紫外線吸収剤や、
化学変化した物質が直接肌につかないように作られています。

「紫外線吸収剤」を直接肌に触れさせないで、紫外線をカットできるようになったんですね。

 

「紫外線吸収剤」使用でも、肌に刺激が強いとは限らないんです!!

 

 

敏感肌には結局どのような日焼け止めを選ぶといいのか?

敏感肌のため、刺激の少ない日焼け止めを塗りたい場合は、
「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」にかかわらず、

・パラベン(強い防腐剤)
・人工香料
・人工着色料
・アルコール
・石油系界面活性剤

などの、

【肌に刺激が強い成分を使用していないものを選ぶ】 ということが結論です。

その他、日焼け止め選び方のポイントとしては、

・日常使いなのか?レジャーなど長時間外出するのか?など、使うシチュエーションで選ぶ。
・使用感が好みか?
・自分のお肌に合うもの。

これらを目安にしてみるといいでしょう。

 

レジャーなどで長時間外に出るときは、
【紫外線吸収剤使用】の日焼け止めを塗ると、紫外線防止効果が高いです。

長時間の外出の際は、
刺激の少ない紫外線吸収剤入りの日焼け止めを、選択肢に入れるとよいでしょう

 

まとめ

敏感肌・日焼け止めの選び方まとめ

・肌に刺激が強い成分を使用していないもの
・日常的に使うのか or レジャーで使うのか?
・長時間外出するときは、刺激の少ない「紫外線吸収剤使用」の日焼け止めを塗ることも選択肢に。
・使用感が好みのもの
・自分の肌に合うもの

どのような日焼け止めが自分に合うのか
いろいろ試してみるといいかもしれませんね。

また、日焼けをしっかりと防ぎたいという方には
➡ 飲む日焼け止めもおすすめです

 

低刺激な成分の日焼け止めをご紹介します

数多くの日焼け止めが発売されていますが、
今回は敏感肌の方にも使える低刺激で、

口コミ評判のよい、おすすめの日焼け止めを紹介しますね。

 

紫外線吸収剤使用だけど低刺激な日焼け止め。うるおいキープ!

「紫外線吸収剤使用」の日焼け止めの中では、これコレがおすすめ

ドクターシーラボ マイルドUV

うるおいを閉じ込め逃がさない!
ヒアルロン酸の5倍の保水力でうるおいキープ

UVカット値SPF40  PA+++
無香料

「シラソーマ」という
「紫外線吸収剤」をマイクロカプセルに封入する技術を採用。

「紫外線吸収剤」が
直接お肌に触れることがないので、
肌にやさしくなっています。
ブルーライト・近赤外線もブロック。
赤ちゃんから大人まで使える日焼け止めです。

ヒアルロン酸の5倍の保水力がある
植物由来の保湿成分が配合され、
お肌のうるおいをキープします。

《無香料・無着色・無鉱物油・アルコール不使用・防腐剤不使用・石油系界面活性剤不使用》不使用。 
低刺激&無添加処方の日焼け止め。



 

合成の「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」不使用。【普段使いに】

ちょっとしたお出かけにはコレがおすすめ!白いクリームタイプ♪

RICHRE     MAM&BABY

洗い流さなくてもいいほど、お肌にやさしい!

 UVカット値:SPF17.7   PA++
ラベンダーの香り

天然成分の”MAAS”配合のみで紫外線をカット。

合成の「紫外線吸収剤」・「紫外線散乱剤」不使用で、
赤ちゃんにも使えるほどの低刺激です。

スキンケア効果もあり、
使うほどに肌のコンディションが整うといったすぐれもの。

洗い流さなくてもいいので、
夜は美容液や乳液としても使えます

クレンジング不要で、石けんとお湯で落とせます。

SPF数値は低いですが、
日常使いにぴったりです。
使い方のコツは、
適切な量を均一にのばして、
こまめに塗りなおすといいですよ。


    

 

【普段使いUVケア】しっとりだけどサラサラの使用感

定番!普段使いUVクリーム

 

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアクリーム 

シアバターでしっとり!フィット感〇

UVカット値:SPF25 PA++
無香料

普段使いUVケア 天然保湿成分「シアバター」配合でしっとり。

赤ちゃん・肌の弱い人にも。

フェイス&ボディ両方に使えます。

テクスチャーは、
固すぎず、柔らかすぎず、伸びはよいです。

多少、白く浮きでる感じはありますが、肌へのフィット感は〇

《シリコン・紫外線吸収剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・パラベン》不使用

石鹸で流せます。


 

国産オーガニックコスメNO1!オーガニックUVベース

肌荒れもケア!使うたびお肌生き生き♪天然100%

HANAオーガニック(HANAorganic)  UVミルク


100%天然!オーガニックローズのUV美容乳液

UVカット値:SPF30 PA++
バラの香り

天然100%のオーガニック処方。
肌にやさしく、しっかり紫外線を防ぎます。
ブルーライトにも対応。

オーガニックローズなど、美容液成分85%配合で、

お肌のダメージケア、保湿、透明感アップ、エイジングケアをしてくれます

光をコントロールし、生き生きとした肌を作り出すことができます。

さらっと伸びがよく、石鹸で簡単に落とせます。

《紫外線吸収剤・パラベン・合成界面活性剤・石油系防腐剤》不使用、
《無着色料・無香料・無鉱物油》

その他石油由来成分すべて無添加。


↓おすすめのトライアルセットもあります↓

国産オーガニックコスメ売り上げ1位
 HANAオーガニックトライアルセット

レビュー記事
 「HANAオーガニックトライアルセット」レビュー記事

人気ブログランキング

-敏感肌, 日焼け・紫外線対策

Copyright© きらりん.info , 2021 All Rights Reserved.