美容情報と、美と健康中心の取り寄せレビューサイトです。体に優しい成分、素材を厳選しています。

きらりん.info

つまり・腸内環境

「美腸」でぷるつやに!腸をきれいにする6つの習慣とは?

投稿日:

 

 

スキンケアをしっかりしているのに、
お肌の調子がイマイチと感じたら、

 

それは腸内環境が原因かもしれません。

 

腸内環境が悪いと、ガス(有害物質)が増え、

 

有害なガスを腸が吸収し、
肌荒れや、体調不良の原因となってしまいます。

 

また、腸内が汚れていると、
ぷるつやに必要な、
ビタミンなどの栄養素を吸収しづらくなってしまうんです。

 

習慣で腸内環境を整えて、美腸を目指しましょう!

 

腸をキレイにする6つの習慣とは?

 

  1. 睡眠をしっかりとる
  2. 猫背に注意!
  3. お風呂にゆっくりつかる
  4. 食事に気をつける
  5. 軽く運動をする
  6. 体を冷やさない

 

 

睡眠をしっかりとる

 

腸は、リラックスしているときに働きます。
睡眠不足になると、
リラックスできずに腸の働きが鈍くなってしまいます。

 

また、睡眠不足になると、
肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因にもなるので
睡眠は6~7時間以上、しっかりとりましょう。

 

 

猫背に注意!

 

猫背が習慣になると、
内臓を支える筋肉が衰えるため、
胃腸などの内臓が、本来あるべき位置から下がり
機能がうまく働かなくなってしまいます。

 

その結果、代謝がおちたり
食べ物の消化、吸収、排泄が
きちんと行われなくなってしまいます。

 

スマホを見るときなど、
前かがみにならないように、
普段から、姿勢を正すことを意識してみましょう。

 

お風呂にゆっくりつかる

お風呂に入ると眠くなりますよね?

それは、人のカラダは、一度温まってから冷めてくると、
眠くなるようにできているためです。

 

寝る前にお風呂につかると、
リラックスでき、よく眠れるので
38~40度くらいのぬるめのお風呂に
ゆっくりとつかるといいでしょう。

 

食事に気をつける

 

食べ物をよく噛んで
腸によい食べ物をとり、
善玉菌が働きやすい環境にしましょう。

 

よく噛むことで消化を助けますし、
満腹中枢が刺激されるので
暴飲暴食を防ぐこともできます。

 

参考記事 >>「美肌」になるための食事 |おさえておきたい2つのポイントとは?

 

軽く運動をする

 

急激な運動をしなくても、
ストレッチなどの軽い運動で充分です。

軽い運動で体をリラックスさせてあげましょう。
筋肉がほぐれ、血行がよくなります。

 

また、寝る前に軽く運動すると、
眠気が出てくるので、よく寝られるようになり
質の良い睡眠をとることができます。

 

体を冷やさない

体が冷えると腸の働きが鈍くなり、
善玉菌の働きも悪くなってしまいます。

クーラーなどで体を冷やないようにし、
温かい飲み物などで、温めるようにしましょう。

温かい飲み物は、リラックス効果もあるのでおすすめです。

 

 

 

腸内環境を整えて、中からキレイに!

できることを少しでも取り入れて、
ぜひ「美腸」を目指してみてくださいね。

人気ブログランキング

-つまり・腸内環境
-

Copyright© きらりん.info , 2021 All Rights Reserved.