美容情報と、美と健康中心の取り寄せレビューサイトです。体に優しい成分、素材を厳選しています。

きらりん.info

しわ・たるみ

老けて見えるブルドック顔の原因と解消法はこれ!

更新日:

鏡を見るのが嫌になってしまう、ブルドック顔。

肌がハリを失うと重力に耐え切れず、
頬が落ちてきてしまうたるみが、ブルドック顔の原因です。

ブルドック顔どうにか解消したいですよね!

 

ブルドック顔の主な原因と解消法とは?

ブルドック顔になってしまう「たるみの原因」と、
「たるみ予防・解消法」をご紹介します。

 

たるみの原因その1 【紫外線】

 

紫外線の影響で発生した活性酸素によって、
肌のハリを保つコラーゲン、エラスチン、
うるおいを保つヒアルロン酸が酸化し、
減少してしまうことが、たるみの原因に。

 

【紫外線】予防・解消法 ↓

☆日焼け止めをこまめに塗る

☆飲む日焼け止めで対策する

☆帽子やサングラスなどの服装でカバー

☆室内にも紫外線が入るので、UVカットするカーテンなどで対策

 

紫外線を防ぐには、夏場にだけ対策をしておけばいいイメージですが、 紫外線は1年中365日、季節や天候に関係なく降り注いでいます。
1年中紫外線対策することが大切です。

 

 

たるみの原因その2 【乾燥】

外気や冷暖房などの影響により肌が刺激をうけて、
肌の水分や皮脂の量が減ったり、
肌のバリア機能」が低下することによって乾燥が起きます。

乾燥すると肌のハリが失われることに!
 
また、乾燥が毛穴たるみの原因にもなります。

 

【乾燥】予防・解消法 ↓↓

☆洗顔はやさしく行う

☆化粧水や美容液で保湿をしっかりとする

☆水分を摂る

☆洗顔はやさしく行う☆
肌をゴシゴシこすったり、洗浄力が強い洗顔料で洗うと、肌を傷つけたり、皮脂を落としすぎるため、 肌のバリア機能が低下し、乾燥する原因に。 適度な洗浄力の石鹸・洗顔料で優しく洗うことが、 乾燥予防になります。

 

☆化粧水や美容液で保湿をしっかりとする☆
化粧水や美容液は、 セラミドやエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などの、 保湿成分入りのものを使うとよいでしょう。

 

☆水分を摂る ☆
水分を摂り、 体の中から潤うことで乾燥を防ぐことができます。冷たい飲み物は、血行が悪くなるので避け、 水・一日1.5~2リットル目安で飲むとよいでしょう。

 

肌のバリア機能~紫外線などの外部からの刺激や、
皮膚の中へのさまざまな異物の侵入をブロックしたり、肌の水分を保持する機能。

 

 

たるみの原因その3 【肌の汚れが残ったまま】

 

日中のメイクや、
分泌される汗や皮脂などによって油分が混ざり合うので、
メイクや肌の汚れを落さないとキメが乱れたり、
毛穴が開いてしまうことがたるみの原因に。

 

【肌の汚れ】予防・解消法 ↓↓

乾燥などで、肌への負担を少なくするために、
適度な洗浄力のメイク落とし、石鹸・洗顔料で優しく洗いましょう。

 

たるみの原因その4【肌弾力の低下】

間違ったお手入れや加齢により、
真皮内のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の質が変わり、
肌を支える力が弱まるため、肌の弾力が失われてしまいます。

 

【肌弾力の低下】予防・解消法 ↓↓

☆化粧水や美容液など、正しい使い方をする

☆食事やサプリメントで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う。

☆化粧水や美容液など、正しい使い方をする☆
正しい使い方をしないと肌トラブルを招くことがあり、 逆効果になってしまうこともあるので、 取り扱い説明をよく読み、正しい使い方をしましょう。

 

☆食事やサプリメントで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う☆
肌のハリやうるおいを保つコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを補いましょう。 食事で摂ることもできますが、それぞれ分子が大きく吸収しづらいです。 低分子化されたサプリメントで摂る方が、吸収率がいいのでおススメです。 「ペプチド」「ナノ化」「低分子化」のサプリメントを選ぶとよいでしょう。

 

~食事で摂る場合~

☆コラーゲン、エラスチンを多く含む食材☆

タンパク質はコラーゲン、エラスチンの材料となります。

牛肉(赤身)、牛スジ、鳥皮、手羽元、鶏もも肉、軟骨、フカヒレ、うなぎ、魚の皮、イワシ、しらすなど丸ごと食べられる小魚、ホタテ、エビなど。

※正常にコラーゲンを合成させるために必要な成分
→アミノ酸、鉄、ビタミンC

☆ヒアルロン酸を多く含む食材☆
鶏軟骨、手羽先 豚足、鮭、うなぎ、カレイ、 山芋 納豆、オクラ、もずくなどの【ねばねば食品】

※合成に必要な成分
→マグネシウム、亜鉛

 

 

関節運動でヒアルロン酸UP!

関節を使うことによって、ヒアルロン酸の生成が促されるので、
関節を使った運動(スクワットや、貧乏ゆすり)がおススメです。

 

 

 

たるみの原因その5 【骨密度の低下】

 

テレビ番組の「世界一受けたい授業」で、
骨密度が下がると
しわやたるみの原因となると紹介されていました。

骨の密度が下がると、頭の骨が小さくなり、
顔の皮が余って下に落ちてきてしまうので、しわやたるみの原因となるそうです。

 

【骨密度低下】 予防・解消法 ↓↓

☆かかと落とし運動をする

 

☆かかと落し運動をする☆
「世界一受けたい授業」で紹介されていた方法ですが、 かかと落しすることで、骨のホルモンの分泌が良くなり、 骨密度を上げることができるそうです。 骨密度を上げて、ぷる艶なお肌を目指しましょう♪

 

 

☆かかと落し運動の方法☆

1. かかとをあげて、つま先立ちになる
2. かかとを地面にストンと落とす。

頭に少し衝撃が来るくらいがよいそうです。

3秒に1回の間隔で落とし、
これを1日60回目安です。

 

 

 

原因その5【表情筋の衰え】

無表情、会話が少ないなど、顔の筋肉を使わないでいると
顔の筋肉が衰え、皮膚も一緒にたるんできます。

 

【表情筋の衰え】予防・解消法 ↓↓

☆顔の筋肉のストレッチを行い、顔の筋力UPさせる

☆美顔器を使う

☆顔の筋肉のストレッチを行い、顔の筋力アップ☆
顔の筋力アップさせることで たるみを解消、予防することができます。 口を大きくゆっくり動かしながら、「あ」「い」「う」「え」「お」の形に開いて、それぞれ10秒ずつキープします。頬の筋肉が鍛えられます。 大げさに大きく動かすのがコツですよ^^

 

☆美顔器を使う☆
表情筋に働きかける美顔器をつかうと
手軽に表情筋を鍛えることができます。

たるみが気になる方におすすめの美顔器>>ハリ覚醒!?エステナードリフティ

人気ブログランキング

-しわ・たるみ

Copyright© きらりん.info , 2021 All Rights Reserved.