美容情報と、美と健康中心の取り寄せレビューサイトです。体に優しい成分、素材を厳選しています。

きらりん.info

日焼け・紫外線対策

「光老化」の対策で10年後の肌に差をつける!紫外線予防がとっても大事

更新日:

 

「光老化」とは
紫外線を浴びることによって起こる、
皮膚の老化のことをいいます。

「しみ」や「しわ」「肌のかさつき」「肌が敏感になった」「ニキビが治らない」など、

さまざまな皮膚トラブルを解消したいときは、紫外線対策を万全にする必要があります。

 

老化の原因は紫外線の影響が大きい!

 

老化の原因は、
加齢によって新陳代謝が衰えるといったことはもちろんですが、

紫外線による老化の方が、ダメージが大きいです。

紫外線を多く浴びると、その影響で
年齢よりも老けて見えてしまう恐れが 😯

光にさらされている顔と、
衣服でおおわれている皮膚とを比べてみると、

同じ皮膚でも、衣服でおおわれている方は
比較的ツルツルとなめらかですが、

顔をよく見てみると、細かいシミやしわが確認できるでしょう。

光老化をしやすい人は、屋外にいることが多い人です。

室内にいるのが多い人と比べて
顔に深いしわが刻まれているものです。

 

光老化を防ぐためには、しっかりと紫外線対策をしましょう

 

紫外線を予防することによって、10年後の肌に差がついてきますよ。

 

参考書籍:プラセンタでみるみる肌が白くなる (ビタミン文庫)

 

紫外線の種類

 

紫外線には主にA波とB波があります。

 

 紫外線A波(UV-A)

→ 肌の奥深くまで達してダメージを与え、しわ、たるみの原因になる。

窓ガラスや雲を通り抜けるため、
室内や曇りの日でも注意が必要です

 

紫外線B波(UV-B)

→皮膚がやけどを起こすため、肌が赤くなる日焼けとなる。

メラニン色素を生成し、色素沈着するため、しみ、そばかすの原因になります。

また、皮膚細胞のDNAを傷つけるため、皮膚がんを引き起こすことも確認されています。

 

紫外線防止には、

「肌の露出をなるべく避ける服装をする」
「日焼け止め化粧品を使用する」

といったことが効果的です。

 

日焼け止め化粧品の表示について

 

「PA」は紫外線A波をカットする効果を示し、
「SPF」は紫外線B波をカットする効果を示しています。

「PA」は「+」の数が多いほど、
紫外線防止機能が高くなります。

PA+「効果がある」
PA++「かなり効果がある」
PA+++「非常に効果がある」
PA++++「極めて効果が高い」

 

日焼け止めの選び方

ほとんど室内で過ごす、
外出は2時間以内といった日はSPF25以上、
PA「++」以上を選ぶとよいです。

レジャーやスポーツの場合はSPF40以上、
PA「+++」以上のものを選ぶとよいです。

※日焼け止めを効果的に使うためには
まめに塗りなおして使用しましょう。

人気ブログランキング

-日焼け・紫外線対策
-

Copyright© きらりん.info , 2021 All Rights Reserved.